ダイヤモンド選びで大事なこと

ダイヤモンド選びって,意外に簡単!?

婚約指輪には、
ダイヤモンドをと考える人も多くなっていますね。

人生の中でいくつかある一大イベントの一つでもあるので、
指輪選びはとても気を使います。
それにちょっとだけ高い買い物になるので、
ここはじっくりと腰を据えて選んでいきたいですね。

この場合どうしても緊張してしまったり、
どれにしたらいいか分からず、あれこれと頭を悩ませる人も多いのですが、
実はダイヤモンド選びって意外と簡単なんです。

例えばダイヤモンド以外の石を婚約指輪に選ぶこともありますが、
ほかの石の方が選び方の基準がないので難しくなるのです。
婚約指輪の素材に迷ったら、こちらもご覧ください。

ダイヤモンドには必ず4Cというグレードがありますので、これを基準に選んでいきます。
グレードによって値段もある程度決まってくるので、
あらかじめこのくらいの予算とお店の人に伝えておけば、
それに合ったダイヤモンドリングをいくつか選んでもらえるはずです。
ただし同じような値段でも、ダイヤモンドのグレードによっては石の大きさも変わることがあります。

ダイヤモンドリングを見ると、こんなに小さいのにどうしてこんなに高いの?
と、思うこともありますね。
逆に大きめの石なのに意外と値段が安いものもあります。
これも全てグレードによるものです。
石の大きさによってもある程度相場というのもありますので、
最初に4Cを決めるのではなく、
まずは予算を伝えその予算で購入できるものから選ぶのが一番でしょう。

女性なら誰もが憧れる、高級宝石店ブランドの場合は、
ブランドのレベルを維持するためにも、ある程度グレードのラインを決めています。
安物や質の悪いダイヤモンドは選ばないので、高品質のダイヤモンドが多くなります。
その分値段も高くなる傾向があります。

では、安いダイヤモンドは良くないのか?
ということになってしまいますが、決して粗悪品というわけではありません。
鑑定士目線から見ればグレードによる差も一目瞭然ですが、
実際の見た目は素人では見分けが付きません。
グレードにもいくつかのランクがあるので、それも参考にしてみましょう。
また、こちらのサイトにも婚約指輪のダイヤモンドのクオリティについて、詳しく解説されています。是非ご覧ください。

サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 anataring All Rights Reserved.