ダイヤモンド選びで大事なこと

ダイヤモンドの5Cを徹底

ダイヤモンドを評価する基準といえば、4Cですね。

しかし最近はより高品質のダイヤモンドを求める人が増えて生きているため、
新たに5Cという評価基準を設けているブランドやメーカーも増えてきています。

4Cはみなさんもよくご存知のように、
Carat(カラット)、Cut(カット)、Color(カラー)、Clarity(クラリティ)
の4つの頭文字を取って4Cとしています。

5Cの場合は、今までの4Cに、
Confidence(コンフィデンス)もしくは、
Character(キャラクター)を加えています。
これはブランドやメーカーのコンセプトによっても、内容が少しちがいます。

今までの4CにConfidence(コンフィデンス)をプラスして、
5Cとしているのは、シチズンです。
コンフィデンスは信頼という意味ですが、
それをそのままダイヤモンドの評価基準にしています。

女性なら誰もが憧れるヴァンクリーフ&アーペルでは、
Character(キャラクター)をプラスして5Cとしています。
5つ目のCのCharacter(キャラクター)は、
ファイアと呼ばれる光の分散先の明るさと輝きを評価する基準としています。

各ブランドやメーカーでは、より良いダイヤモンドを提供したいと考え、
このように新たな基準を設けることで、確かな品質をアピールしています。

4Cもダイヤモンドの価値を見極める基準として主流となっていますが、
今後は5Cが主流となっていくかもしれませんね。
愛する女性に最高のダイヤモンドの婚約指輪を送りたい、
と考えている人は、5Cを基準にしてみてはいかがでしょうか。
ただしダイヤモンドの鑑定基準は、国際機関など特別な期間が発行しているものです。

今のところ国際的な基準は4Cに基づくものなので、
5Cのダイヤモンドとしていても鑑定書には4Cの記載しかありません。
実際には鑑定書に記載されていなくても、
5Cのダイヤモンドを選んでもらったら、悪い気がする女性はいないでしょう。

結婚して財産を共有するのもいいですが、それぞれ個人の財産も持っておく方が良いでしょう。
http://xn--jhqp0hq33bkwt.com/point.htmlに財産の分け方が載っているので、参考にしてみてください。
サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 anataring All Rights Reserved.