ダイヤモンド選びで大事なこと

知っておきたい「4C」

ダイヤモンドには、4Cという評価基準があります。
ダイヤモンドを選ぶ上で、4Cのことは知っておきたいですね。
4Cとは、ダイヤモンドの品質を評価する国際基準値を図るものであり、鑑定書もダイヤモンドにしかなく、婚約指輪選びには大事です。

もちろん何も知らなくてもお店に行けば、
ダイヤモンドリングを選ぶことはできますが、
知識がないままではお店の人に勧められるままになってしまい、
本当に欲しいモノが買えない事もあります。
4Cは、
Cut(カット・形)、Carat(カラット・重さ)、Clarity(クラリティ・透明度)、Color(カラー・色)の4種類です。

それぞれにグレードがあります。

・Cut
Idealを最高ランクとし、Excellent、VeryGood、Good、Fair、Poorの6つのランクがあります。

・Carat
カラットは石の重さなので、同じ値段でもほかのグレードと総合的に評価するので値段は一定ではありません。
目安としては1カラット=0.2gと覚えておくといいでしょう。

・Clarity
透明度を表すClarityもダイヤ選びでは重要なポイントになります。
FLを最高ランクとし、IF、VVS1、VVS2、VS1、VS2、SI1、SI2、I1、I2、I3と10段階に分かれています。

・Color
ダイヤモンドは無色透明というイメージが強いのですが、
カラーの違う石を並べて比較してみると、色の違いもよくわかります。
DEFを無力の最高ランクとして、GHUJが限りなく無色透明に近い、
KLMが見た目ではわかりにくいもののやや黄色味がかっている、NOPQRが薄い黄色に近い、
STUVWXYZがなんとなく黄色っぽいと確認できるというものです。

明らかに黄色いとわかるものは、イエローダイヤとよばれるものがありますが、
これはピンクダイヤ・ブルーダイヤ・ブラックダイヤと同じカラーダイヤと呼ばれるものです。

このようにダイヤモンドにも4Cを基準にした、
グレードやランクがあるのでそれを元に選んでいくのもひとつの方法です。
本物のダイヤモンドには、必ず鑑定書が付いているので鑑定書付きのものを選べば間違いないでしょう。
サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 anataring All Rights Reserved.